足がだるい

足がだるいときは、ビタミンB1が不足しているのかも?

足がだるい原因は?

 

特別、激しい運動をした覚えもないのに、なんだか足がだるいな〜って感じていませんか?

 

もしかして、あなたの足がだるい原因は、食生活の栄養バランスが悪いせいかもしれませんね。
栄養素の中でも、とくにビタミンB1が不足すると疲労物質が体の中にたまってしまいます。そうなると、体全体がだるく感じたり、とくにあなたの体を支えている足は疲れやすかったり、だるく感じたりしがちです。疲労回復にはビタミンB1が不可欠というわけです。

 

そこで、ビタミンB1を摂取するような食事を心がけてみましょう。どんな食品を気にして食べたら良いのか?というと、お肉や豆類、胚芽、牛乳、緑黄色野菜といったものがおすすめです。

 

つねにビタミンB1がとれる食事にとなると、てっとり早いのが、胚芽米にすることですね。主食を玄米や胚芽米にすれば、体にビタミンB1を取り入れやすくなりますよ。パン食の方の場合は、通常食べる白いパンを全穀パン(黒パン)に変更するとよいですね。いろいろと考える必要もなく、ビタミンB1の摂取量が増えるはずです。

 

ちなみに私は玄米を愛用しています。白米ほどおいしくないので食べ過ぎないし、固いのでよく噛むし、たまに白米を食べると、すっごいごちそうのように美味しくて、得した気分になれます(笑)。

 

でもね、最近の食べ物そのものの栄養素が少なくなっているそうです、
なので⇒生酵素のサプリメントも愛用中♪

 

足がだるい人は、ビタミンB1が不足かも?関連ページ

身体のだるさ解消は免疫力のアップから!
身体のだるさを解消するためには、免疫力の向上が不可欠。それには、食事も大切。自律神経を正常に働かせる食べ物をとるコツとは?
疲れ、だるさの原因は肉食からかも?
日本人の食生活は肉食に偏ってきています。肉食の人が疲れやすいのは、交感神経の緊張が続いているから。食生活をたまに見なおして、だるさを解消して疲れにくい体質に。
うなぎでは疲労回復、だるさは改善できない?
うなぎやお肉が体の疲労回復やだるさを改善するというのは昔の話?
低コレステロール血症での身体がだるい症状
ダイエットで食事制限して脂肪を減らしすぎていませんか?コレステロールが低すぎるのも女性ホルモンなどに悪影響です。身体がだるい、といった症状も。