身体がだるい

東洋医学での「気」「血」「水」で知る体のだるさの原因

東洋医学でいう「気」は、体の生命エネルギーのようなものを意味します。「血」は、血液に似たような意味合いで、髪の毛や肌といったところに栄養を送るものをいいます。「水」は体の中の水や体液といったものをさします。

 

水分が体にたまること、一般的にいう「むくみ」のような状態を東洋医学では「水毒」といいます。水毒になると体が重く、だるいといった症状がでたり、頭痛を引き起こす原因にもなります。

 

東洋医学では、体の中で、「気」「血」「水」がバランスよくあることが大事だとされています。だるさや疲れがとれないときは、これらのバランスがくずれたとき。とくに「気」が足りないときといわれています。

東洋医学による身体のだるさ改善策記事一覧

気虚が原因の場合の生活改善

東洋医学でいう気虚(ききょ)とは、人間の「気」が不足している状態いわゆる、元気のない状態の人ですね。気虚の症状としては、以下のようなことが考えられています。当てはまったら、生活改善や食事改善をしてみてくださいね。・体がだるかったり、疲れやすい・食欲不振、食後にすぐ眠気がおきる・胃下垂・肌や筋肉がたる...

≫続きを読む

血虚が原因の場合の生活改善

東洋医学でいう、血虚(けっきょ)とは、貧血のような状態をいいます。血虚の症状としてみられるものは以下のようなもの。・お肌の乾燥、シワが目立つ・爪が割れやすい、欠けやすい・体が疲れやすい、だるく感じる・髪の毛がぱさついたり抜け毛が多くなる・眠りが浅い・めまい、立ちくらみ・生理時の血量が少ない上のような...

≫続きを読む