酵素の働き

もしかして、あなた、酵素が足りてない?

「すぐに疲れるな〜。疲れがなかなかとれなくなった」とか、「風邪をひきやすくなった。しかも、なおりにくい」とか、「肩こりがひどくなった」、「イライラすることが多くなった」など、体の不調や気になることが増えてきたら、酵素不足が考えられるんですよ。

 

年齢を重ねるにつれて、酵素が少くなりがちです。だから、「補う必要がある」と言われることもあります。でも、食べ物で酵素を補おうとしても、体内に入ると消化液などで分解されてしまうんです。

酵素の種類

新鮮な食べ物から得られる食物酵素。これは、体の中で消化液などによって分解されてしまいます。だから、私たちが使用する酵素は、体の中で作るしかありません。

 

食べ物を食べる際に消化に必要なのが消化酵素です。消化酵素は食べ物を体が吸収しやすくなる形にまで分解する働きをしてくれます。
ただ、消化酵素を働かせ過ぎると、体にとっては負担が大きくなります。

 

代謝酵素は、毒素や老廃物の解毒、筋肉や内臓の修復、血液や免疫の運搬、栄養素や細胞の合成、全身を動かす運動、ホルモンや神経の調整といったたくさんの生命維持の活動を支えています。生命維持には、代謝酵素の活発な働きが必要ですね。

 

 

「消化酵素」や「代謝酵素」に比べるとあまり聞きなれない酵素「微生物酵素」。私たちの体に存在している「腸内細菌」。この腸内細菌は、私たちが食べる食物を餌にして生き、微生物酵素によりアミノ酸やビタミンなどといった栄養素を作っています。体内の酵素を活性化させるためにはこれらの栄養素も大切なんですね。乳酸菌やビフィズス菌の腸内細菌パワーは、ビタミン合成といった働きの他にも、がん予防やコレステロール除去、精神安定、アミノ酸合成、免疫活性化する機能をもっています。

「生酵素」サプリメント選びのポイント!

製造には、高温を加えない

 

酵素ドリンクは、加熱殺菌が義務付けられているそうです。粉末タイプのパウダーは、高熱で粉末状態にしている可能性があります。酵素は高温に弱く、壊れやすいのです。だから、生酵素(発酵食品)の製造には、高温を加えないことが大切なんですね。

 

発酵菌によって効果が変わる

 

素材を発酵熟成させる際に、使用する発酵菌が大事です。酵素パワーの強い優れた発酵菌を使用してあると明記してありますか?生酵素は、発酵菌によって体に有効な成分が作られるかどうかが決まります。発酵菌には、すぐれた乳酸菌が適しています。

 

 

色の濃い粘り気がある生酵素を!

 

発酵によってたくさんの栄養素が生み出されると、熟成するときに、濃い色の成分に変化します。熟成の年月が長いと濃くなります。色が濃いほど活性力が高いと証明されているそうです。

 

 

 

酵素のことを知ると体も元気になる!関連ページ

高価な酵素ドリンクダイエットにはまる友人たち
5万円以上する高価な酵素ドリンクダイエットに友人たちがはまっています。確かに痩せてるのですが、中身を聴くと、いたって当たり前のことばかり。なぜ、そういったダイエット方法にはまるのか?