すぐ疲れる

女性に多い「すぐ疲れる」原因と対処法

人間の自律神経には、交感神経と副交感神経がありますよね?運動している時などの興奮状態に働くのが交感神経で、入浴や睡眠時などのゆったりとしたときに働くのが副交感神経。

 

通常、疲れを感じるのは、働きすぎの毎日といった交感神経が副交感神経よりも優位になることが原因です。でも、人間は、ゆったりしすぎた生活を毎日続けていることでも「すぐ疲れを感じる」といった体質になります。その原因は、体を動かす筋力などの機能の低下や体全体の能力の低下です。体を動かすとすぐに疲れるとかやる気が起こらない、小さなことが気になる、早起きが苦痛、などの症状を引き起こします。

 

こういった人は、女性に多いようですが、毎日ゆったりとした生活からメリハリのある生活に変えていくことが必要です。

 

まずは、生活のリズムを整えるために、早寝早起きから始めましょう。よく、「早く起きるのが先か?早く寝るのが先か?」と考える人がいますが、私は、「早く起きるのが先」で実行しています。たとえ、前の晩に遅く寝たとしても次の日の朝は無理やりでも早く起きるのです。するとその日の晩は早く寝付けます。その逆で、遅く起きたのに、早く寝ようとしても寝付けず無駄だからですね。

 

理想は、日の出とともに起き、遅くとも12時までに寝ることです。そして、毎日20分程度の散歩や体操などの運動をすること。

 

ゆったりとした生活は、活動量不足で筋力が低下しています。体を支えるのでさえきつくなっているのかもしれませんね?こうなると、体がだるいだけではなく、気分が沈んで落ち込みがちになります。他人の目が異常に気になるのも、副交感神経が優位に働くために感覚が過敏になるためです。

 

■免疫力アップで身体がだるいを改善⇒酵素力で免疫力アップできる理由は?

 

 

女性に多い「すぐ疲れる」は副交感神経が優位?関連ページ

足がだるい時は?
とくに足がだるい時にやるといいふくらはぎのツボ押しや足首ストレッチ方法。
軽い疲れを見逃すな!
いつの間にか重〜くなって疲れがとれない体になっていませんか?ちょっと疲れた?ってときにこれをやるのが疲れない身体になるコツ!
病気になる前の疲れを癒すには・・
クタクタになった身体のだるいや疲れは、病気になるサインかも?こんな症状が出たら、疲れをとるあることをやってみて!
体がだるい原因は冷え性?
体がだるい原因のひとつとして考えられるのが冷え性です。とくに女性の多い体のだるさの原因です。なぜ女性は冷え性になるの?
だるい、眠い、の原因は更年期障害かも?
40代女性の多い「体のだるさ」や「身体がしんどい」は更年期障害が原因の場合もあります。でも、人によって症状に差が出てくるのはなぜ?対処法は?
簡単なヨガで心身ともに不調の緩和
ヨガは自律神経のバランスをよくする働きが作用するので、心身の調子を整えます。ヨガを続けることで、体のだるい症状も緩和されるはず。
夏の身体がだるい原因と解消法
夏はとくに身体がだるくなる要因が大きいのです。疲れも出やすいですよね。その原因と解消法が分かれば、夏も楽しく過ごせますよね。
97%以上の女性が疲れてる?
現代女性の身体のだるさは、気づかないうちに疲れがたまることが原因のことも多いようです。こんなことあったら疲れがたまっているってことですよ!
更年期の身体のだるい症状に運動が効果的な理由
朝起きるのが辛い、身体がだるいといった症状は更年期世代にも多いのです。そんな身体の変化に気づいたら運動を毎日の生活に取り入れると違ってきますよ。
身体がだるい疲れる原因は貧血で鉄分不足?
身体の疲れやだるいがとれないときは、鉄分不足で貧血が原因の場合もありますよ。